診療科のご案内

患者様の不安を取り除き安心して治療を受けて頂けるよう努めています

近年、新たな国民病として慢性腎臓病(CKD:chronic kidneydisease)という病気が注目されています。慢性腎臓病(CKD)とは腎障害を示す所見や腎機能の低下が慢性的に続く状態です。放置したままにしておくと、慢性腎不全となり人工透析や腎移植をうけなければ日常生活を送ることが出来なくなります。

さらに、慢性腎臓病(CKD)は心筋梗塞や脳梗塞などの心血管病(CVD:Cardiovascular disease)に対する重大な危険因子であるため、末期腎不全に至る前に出来るだけ早期に腎臓病を発見し、的確に治療を行うことの重要性が再確認されています。

当院では腎疾患の早期診断に積極的に取り組み、慢性腎臓病(CKD)・末期腎不全・透析管理に至るまでを循環器内科を中心とし、各診療科と連携をとりながら総合的治療・管理を専門医が行っております。また、院内で人工透析を行っており、通常の血液透析の他に持続的血液ろ過透析(CHDF)やシャント手術、血液吸着、血漿交換等も行っております。

Online HDFを開始いたしました

Online HDF(血液透析濾過)とは、血液中の小さい分子量の毒素を取り除くHD(血液透析)と、中分子量の毒素を取り除くことが出来るHF(血液濾過)を組み合わせた治療法です。

通常のHDに加えて、HFの効果によりβ2マイクログロブリンの除去(手根管症候群の予防)や血圧低下の改善、掻痒感の軽減に効果があります。

日本透析医学会の策定しているオンラインHDFを行うために必要な透析液浄化の厳しい規定を、新病院移転時に新しい水処理装置を導入しこれまで以上に純度の高い透析液を生成する事が可能になった事でクリアしました。

オンラインHDFにより改善が期待できる症状
  • 透析による低血圧
  • 皮膚のかゆみ
  • 不眠
  • イライラ感
  • restlesslegs症候群
  • 食欲不振
  • 色素沈着などによる皮膚の色
  • 透析アミロイドーシスによる関節痛
  • 貧血
  • またHDF療法は、酸化ストレスを軽減させ、動脈硬化の進行を遅れさせる効果があるとも報告されています

もちろんこれまでのようにHDも行っておりますので、患者様の状態に合わせて、HDとHDFを選択し、治療が行えるようになりました。

より良い治療を目指します!

当院では、専門のスタッフが24時間対応出来る体制を整えており、徹底した安全管理を行うことで、透析に伴う患者様の不安を取り除き、安心して透析治療を受けて頂けるよう努めております。

タクシーによる送迎なども行っておりますので、詳しくは、お問合せください。

担当医プロフィール

腎臓内科部長

吉田 博(よしだ ひろし)

[出身大学] 平成5年 大分医科大学(現大分大学医学部)医学部卒業
[資格等] 日本腎臓学会認定専門医
日本透析学会認定専門医
日本内科学会認定医
[略 歴]
平成5年
大分大学医学部付属病院
平成6年
公立おがた病院
平成7年
大分大学医学部付属病院
平成8年
福岡赤十字病院
平成9年
大分大学医学部付属病院
平成10年
東国東広域国保総合病院
平成11年
大分大学医学部付属病院
平成14年
健康保険南海病院
平成15年
津久見中央病院
平成17年
大分大学医学部付属病院
平成20年
中津第一病院
平成29年4月
当院勤務
腎臓内科・人工透析内科
  • 心音
  • イベント情報

外来診療時間

※診療科によって受診可能な曜日・時間が異なります。詳しくは
外来診療医師週間表をご覧下さい。

午前
月〜土 9:00~12:30
午後
月〜金 13:30~17:30
土曜日 休診

☆土曜日午後・日・祝日は休診です。

☆予約及び急患の方はその限りではありません。

☆ご不明な点は、お電話にてお尋ね下さい。

アクセス

〒870-0837 大分市太平町4組

tel. 097-544-8800